あなたは意識していますか?服を格好よく着るために一番大切なこと

印象マネジメント

こんにちは。chikoです。

 

“服を格好よく着るために一番大切なこと”として、何を思い浮かべますか?

 

自分に似合う服を選ぶことはもちろんですが、どんなに素敵な服を着ていても、それ以前に大切なことができていなければ、格好よくは見えません。

 

今回は、“服を格好よく着るために一番大切なこと”についてお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

あなたは意識していますか?服を格好よく着るために一番大切なこと

 

さて、今これを読んでいるあなたは、どんな姿勢でいるでしょうか。

 

周囲に人はいますか?一人だからと油断していませんか?

猫背になったりしていないでしょうか。

 

 

“服を格好よく着るために一番大切なこと”、それは「姿勢」です。

 

似合う服を着ていることを前提としたとき、遠くから見ても目立つ「姿勢」は、印象に大きな影響を与えます。

 

体型はすぐに変えられなくても、姿勢は努力次第ですぐに改善できるものです。

 

服を台無しにすることもある「姿勢」

あなたの周りに、格好よく服を着こなしている人はいますか?

その人は、普段どのような姿勢でいるでしょうか。

 

素敵な服を着ていても、それを着ている人が格好よく立ち、歩き、座っていなければ、残念ながら格好よくは見えないでしょう。

 

「どんなに顔のつくりがいい美人でも、いい表情をしていなければキレイに見えない」のと同じことが言えます。

 

いい姿勢は、その人のオーラさえも変化させる力を持っています。

 

格好よく見える「姿勢」とは?

「モデルのような姿勢や歩き方をしよう」とは言いません。最低限、きれいに見える姿勢を意識するだけで、いつもの服を着た自分が何倍も格好よく見えるはずです。

 

立っているときの姿勢

背筋を伸ばし、顎と肩を引きます。このとき、肩甲骨どうしをくっつけるように意識することがポイントです。

 

一度、背伸びをしてつま先立ちになり、ストンとかかとを落としてみてください。上から糸で引っ張られているような感覚で立ちます。

 

お腹が前に出ていませんか?正しい姿勢でいるのと、お腹は引っ込みます。

 

 

歩くときの姿勢

立っているときの姿勢を意識したまま、足を踏み出します。このとき、脚を伸ばしてかかとから前に出すようにしましょう。そして、後ろ足で地面を蹴るようにして進みます。

 

膝から前に踏み出していませんか?膝から出すと、前のめりになってしまいます。

 

 

座っているときの姿勢

背もたれに寄りかからず、おしりの上に胴体が乗っているという感覚を意識して座ります。上半身は、立っているときと同様、顎と肩を引きましょう。手は、前で軽く組みます。

 

 もしこの体勢がキツいと感じたら、普段の姿勢がよくない証拠です。腹筋や背筋が弱っている可能性があります。
スポンサーリンク

「姿勢」がよければ体型も変わる!?

 

姿勢の前に、体型のほうが大事なのでないかというご意見もあるかもしれませんが、どちらも大事な要素です。

 

ただ、カロリーオーバーなどしていなければ、姿勢を改善するだけで、体型もかなりよくなるかと思います。

 

必要な場所に必要な筋肉がつき、不要な場所の贅肉が取れるでしょう。筋トレができればなおよいですが、姿勢を改善するだけでも大きな効果が見込めます。

 

スポンサーリンク

終わりに

 

今回は、服を格好よく着る上で大切な「姿勢」についてまとめてみました。

 

自分に似合う服についての関心はあっても、姿勢まではあまり意識していない方が多いように感じます。

 

ぜひ一度、自分の姿勢について見直してみてはいかがでしょうか。

 

できることなら1人でいるときも、できるだけ正しい姿勢で過ごすようにすると、筋トレに似た効果が望めるのではないかと思います。

 

以上、あなたは意識していますか?服を格好よく着るために一番大切なことでした。

 

タイトルとURLをコピーしました